財団法人日本語教育振興協会認定学校・法務省入国管理局認定優良校

日東国際学院





入学案内

学期・応募締切



開始学期 応募期間
1月期生
(学制一年三ヶ月)
前年の4月初めから募集し始め、9月5日までに書類を揃え、学校に郵送すること。
4月期生
(学制二年)
前年の5月初めから募集し始め、11月5日までに書類を揃え、学校に郵送すること。
7月期生
(学制一年九ヶ月)
前年の11月初めから募集し始め、同年の3月5日までに書類を揃え、学校に郵送すること。
10月期生
(学制一年六ヶ月)
前年の12月初めから募集し始め、同年の5月5日までに書類を揃え、学校に郵送すること。

出願時の提出書類

出願時の提出書類(1と2は、必ず日東国際学院所定の用紙を使用すること)
1.願書
2.履歴書(入学理由書を含む)
3.最終学歴の卒業証明書写し

合格通知書受領後の提出書類

1.在留資格認定証明書交付申請書 (必ず日東国際学院所定の用紙を使用すること)
2.願書
3.履歴書(入学理由書を含む)
4.卒業証書(最終学歴。大学在学の場合は高校卒業証書。原本必要)
5.在学証明書(大学に在学している者のみ。要原本提出)
6.在学成績証明書
7.全国大学入学統一試験の成績認定書原本
8.日本語学習歴証明書(日本語能力検定試験N5級、J-TESTのF級以上の能力を証明する資料、
  あるいは日本語教育機関で150時間以上の日本語学習を証明する書類。原本必要)
9.カラー写真8枚(3cm×4cm)
10.パスポートの氏名記載頁と日本国出入国押印頁(過去に日本に出入国した経験者のみ)
11. 最終学歴となっている学校を卒業後5年以上経過している者の場合、

  日本語を学ぶ目的、日本語教育機関卒業後の進路などを具体的に記載 したものの提出が必要である
12. 経費支弁人の書類

支弁人が海外在住者の場合

12-1.経費支弁書(経費支弁に至った経緯が記載されているもの)

   *必ず日東国際学院所定の用紙を使用すること
12-2.経費支弁人と申請人との親族関係公証書
12-3.銀行預金残高証明書(要原本提出)
12-4.銀行貯金通帳(3年分)の写しなど出入金の経緯を明らかにする資料
12-5.経費支弁者の収入証明書及び納税証明書(要原本提出)
12-6.(経費支弁者が企業などに勤務する者の場合は)在職証明書(要原本提出)
    (経費支弁者が企業などの役員である場合は)法人登記簿謄本の写し)
    (経費支弁者が個人経営者である場合は)営業許可証の写し)

支弁人が日本人、または在日親族の場合

13-1. 経費支弁書(経費支弁に至った経緯が記載されているもの)

   *必ず日東国際学院所定の用紙を使用すること
13-2. 経費支弁人と申請者との関係を証明する書類(親族関係公証書など、原本必要)
13-3. 経費支弁人の住民票、または外国人登録原票記載事項証明書
13-4. 経費支弁人の納税証明書(前3年度分。原本必要)
13-5. 経費支弁人の在職証明書(原本必要)